よりを戻したい時のメールの書き方は?

復縁メールを送るときに注意したいこと、テクニックを紹介します。 - 状況判断を忘れずに

状況判断を忘れずに

仕事でも言われることもあると思いますが「状況判断」というものは非常に大切ですよね。
これは、復縁したいと思って実際に行動をとっている人にも当てはまるのです。

例えば、別れて全く連絡を取っていなかったのにいきなり「会いたい」などといわれて会おうと思うでしょうか?
いくら元恋人であっても、直ぐに首を縦に振ることは出来ないでしょう。
これでは状況判断がなっていないという事になりますよね。

先ず別れて初めて連絡を入れるのであれば、元気かどうか?という程度に収めておいたほうが良いと思います。
そこから先、お互いに連絡を取り合うようになれば声を聞くですとか、会うにしてもお茶程度の短時間のものなどがベストな選択でしょう。
話が盛り上がり「会おう」などという流れになればもちろん別ですが。

状況を見て、スタンスを選んで行くのも復縁においては大切なことなのです。
これを誤ることで上手く行かなくなるというケースもあるかもしれませんので、注意をしておくと良いでしょう。

今の2人の状況はどうなのか?相手の気持ちはどうのなか?と汲み取る心も忘れずに確実に進んでいきましょう。
焦るかもしも確かにあるかもしれませんが、冷静に対応していくことが成功のポイントなのです。

ページ上に戻る